インドカレー店で死亡事故!?意外な原因とは・・・

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!

こちらから無料で登録できますので、導入前に一度受講してみてください!

日頃からよく利用するインドカレーのお店、
今では各地にお店があり、手軽に本場のカレーが食べられますよね☺️

先日、都内にあるインドカレー店でまさかの死亡事故が発生したとニュースで見てびっくり!!

しかも、原因を知って2度びっくり!!

原因はナンを焼く釜から発生した一酸化炭素中毒により、
2名死亡していたのこと・・・

お店は営業していなかったようで
お客様に被害はなかったそうですが、男性定員2名が犠牲になってしまった悲しい事故。
(このニュースの詳細はこちらから)

一酸化炭素中毒は1度は聞いたことあると思いますが、
ナンを焼く釜でも発生するとは予想外でした。

日頃から食品衛生について発信していますが、
食品からではなく、意外な設備から発生する事故もあるんだなぁ・・・
と考えさせられる事故でした。

大事故に繋がる前に、
今一度お店の設備点検について見直してみてくださいね!

一酸化炭素中毒

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。