明日はバレンタイン!手作りチョコで気をつけたい衛生管理

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!

こちらから無料で登録できますので、導入前に一度受講してみてください!

明日はバレンタインデー❤️

この時期は街中が赤やピンクで彩られ
店頭に並ぶ美味しそうなチョコレートに心惹かれてしまい、
自分へのご褒美に!と色とりどりのチョコレートについ手が出てしまいますよね☺️

お店でもバレンタインの時期は大忙し!
チョコレートにまつわるお菓子や料理を提供するお店も多いですよね✨

今日はバレンタイン前日ということで、
気合いを入れて手作りのチョコレートを作る!という方もおおいのではないでしょうか??

バレンタインスイーツで欠かせないのがチョコレートですよね。

チョコレート自体は、水分活性が少ないため微生物の増殖も少なく扱いやすい材料です。

今回注意してほしいポイントは、

二次汚染による食中毒です。

チョコレートやチョコレート菓子を作る際は、
肉や魚などの生物を扱う場所と分けて作るようにしてくださいね!

場所で分けられない場合は、同じエリアで同時に作業しないように注意するようにしましょう。

今の時期、二次汚染といえばノロウイルスです。

作ったお菓子は問題ないのに、二次汚染で菌をつけてしまってはもったいないです!

基本的な衛生管理を行なって、
正しいお菓子作りでバレンタインを楽しんでくださいね☺️

バレンタインデー

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。