異物混入対策をしよう!

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

◆無料メールマガジンのご案内◆
専門的な知識が必要な食品の衛生管理。
調べてもよくわからない!というお悩みを解決します!
わかりにくい衛生管理の方法やHACCPについて、わかりやすくシンプルお伝えします。
→ご登録はこちらから!

毎日使用している調理器具や機械の点検、
みなさんどのように管理していますか??

調理器具は使用頻度が高く、
消耗品であるものも多いですよね。

機械も細かい部品を使用しており、
部品の有無を確認する必要があります。

調理器具や機械の点検を怠ると、
異物混入の事故が起きてしまうことも・・・

今回は、異物混入事故を発生させないために
点検のポイントをお伝えしていきます!

日々の作業に備品点検を追加しよう!

毎日の作業に備品の点検を追加をするのがオススメです!
終業時に目視確認をして備品の破損がないか確認します。

壊れそうなものがあればその場で交換できるので、
異物混入を防ぐことができます。

機械の点検も重要です。
紛失している部品はないか、
異常音はしていないかなど終業時に確認できるといいですね。

使用している備品の交換頻度を決めよう!

備品を点検する時間がない!という場合は、
交換頻度を決めるのも一つの手です。

スポンジなど劣化が早いものは2週間に1度、
刷毛など日々使用する備品は半年に1度など・・・

使用頻度から交換頻度を決めて
壊れる前に交換すると良いでしょう。


お客様からの指摘があってからでは大変です。

お店側で対策できることは対策をする。

そうすることで、
異物混入事故のリスクを下げることができます。

お客様からのご指摘があった時も
対策していればお店を守ることができますよね!

異物混入対策はHACCP導入時にも行うことができます。
一緒に仕組みを取り入れていきましょう!

受付中のプログラム、セッションのご案内
【オンラインでできる!HACCP導入プログラム】
・飲食店経営の方はこちら
・パン製造業の方はこちら

【代行:HACCP書類作成代行プラン】
HACCP導入時に必要な書類を代行作成致します!
※こちらのプランはお店の現状に合わせた内容で作成致します。詳細はこちら

【個人セッション】
・日々の衛生管理やHACCPについてのお悩み相談はこちら
・「オンラインでできる!HACCP導入プログラム」受講に関する無料オリエンテーションはこちら

次の記事

HACCPと保健所