要注意!壊れたものを壊れたまますると恐ろしいことが・・・

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCP(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理)について
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを学べる
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!

こちらから無料で登録できますので、導入前に一度登録してみて

お店で毎日使用している調理器具や備品など、壊れてしまったものはありませんか??

壊れたけどまだ使えるし、捨てるのはもったいないから使おう♪

と思って壊れたものをそのまま使っている方がいたら要注意です!

使えるのに捨てるのはもったいないという気持ち、よくわかります。
しかし、その考えがとても怖い事態に発展することもあるのです・・・💦

壊れたものを使用し続けることで一番怖いこと、
それは・・・

人の感覚が鈍ってしまうということです。

どういうことかというと、
壊れた瞬間は、物が壊れてしまったと認識することができますよね。
しかし、そのまま使い続けると壊れた状態が正しい状態だと誤った認識を自然としてしまいます。
その結果、なにが正しくてなにがダメなのかがわからなくなってしまうのです。

正しい状態がわからないという感覚が当たり前になってしまうのは避けたいですよね。
この状態が続いてしまうと、
決めた衛生ルールも「まぁ、いいか!」という感覚になってしまい、衛生管理もボロボロになってしまいます。

壊れたものをそのまま使用するというのは、異物混入のリスクもありますが、
人の気持ちを左右させる恐ろしいきっかけにもなってしまうのです。

正しくない状態が当たり前にならないように、
壊れたものはすぐに取り替える・修理するを習慣づけると良いですね✨

HACCP導入時には、備品の管理も行なっていきます。
仕組み化することで意識して管理することができますよ☺️

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。