私、アルコールアレルギーなんです!

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!

こちらから無料で登録できますので、導入前に一度受講してみてください!

日々の衛生管理で手洗いの後にアルコール消毒を行なっています。

今はコロナウイルスの影響で、どこに行ってもアルコール消毒が準備されており
アルコールがある光景が日常になってきました。

しかし、このアルコール消毒、毎日何回も行なって手荒れがひどくなっている人も多いのではないでしょうか・・・

ウイルスや細菌を殺してくれるわけですから
手荒れが起きるのも納得・・・とも思います。

でもそうも言ってられません!

そしてアルコール消毒でアレルギー反応が出てしまう人もいますよね。
病院の採血でも「アルコール綿使っていいですか?」と確認があるくらいです。
意外と多いんじゃないかなとも思っています。

では、手荒れがひどい人やアルコールアレルギーがある人は
調理作業前に行う手洗い後の消毒をどうすればいいのでしょうか。

その場合は
手袋を2枚つけて作業しましょう!

どうやって!?と思いますよね😲

①30秒間の衛生手洗いを行う

②衛生的な手袋をつける

③アルコール消毒をする

④衛生的な手袋をつける

⑤アルコール消毒をする

この手順で衛生的な手袋を2枚着用してください!

アルコールアレルギーの人は是非実践してほしいですが、
手荒れがひどい人にも行なってほしいです!

傷口には黄色ブドウ球菌が付着しているため、
二次汚染によって食中毒を起こす危険性もあります。

是非従業員の皆さんにも共有してくださいね!

アルコール消毒

お店にあったHACCP導入をサポート致します。
オンラインでできる、
HACCP導入プログラムこちらから!
(一般飲食店での導入サポート受付中です)
HACCP導入義務化をきっかけに、お店とお客様を守る仕組みづくりを一緒に行いましょう!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。