HACCPで守る!アレルギー管理

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

◆無料メールマガジンのご案内◆
専門的な知識が必要な食品の衛生管理。
調べてもよくわからない!というお悩みを解決します!
わかりにくい衛生管理の方法やHACCPについて、わかりやすくシンプルお伝えします。
→ご登録はこちらから!

今日はアレルゲン食品の管理についてのお話です。

先日、お店で行うアレルギー管理について、
HACCPを取り入れる時にどうすればいいか?とのご質問をいただいきました。

ご相談いただいたのはケーキ屋さん。

通常のケーキの他に3大アレルギーである乳・卵・小麦不使用のケーキを製造・販売されています。

このように、アレルゲン原料を使用していない商品使用している商品、両方の商品を製造・販売をしているお店では、アレルゲン原料を使用していない商品を守るための対策を行う必要があります。

◆ポイント◆
アレルゲンを含んだ食品を使っていません!と表示をしているお店で、
アレルゲンを含む商品と含まない商品の両方を製造・販売しているお店は
HACCPでの管理を行なってください!

HACCPを導入する際にアレルゲンの管理を組み込んで導入を行なってください。

この場合、
HACCP導入時のアレルゲン管理は重要管理点で管理を行なってくださいね(^^)

アレルギーはお客様の命に関わる危害となります。
危害からお客様を守るため、商品の安全を担保するのがHACCPのメリットです。

義務化になったからとりあえずやろう・・・
ではなく、お店で取り扱う商品に合わせたHACCPプランで導入してください!

アレルギー管理

お店にあったHACCP導入をサポート致します。
オンラインでできる、
HACCP導入プログラムこちらから!
(一般飲食店での導入サポート受付中です)
HACCP導入義務化をきっかけに、お店とお客様を守る仕組みづくりを一緒に行いましょう!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。