新型コロナウイルス以外にも発生!?クルーズ船で起きた感染症

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!

こちらから無料で登録できますので、導入前に一度受講してみてください!

毎日のように新型コロナウイルスのニュースが飛び交う中、
今度はクルーズ船での集団感染が起き、テレビでも大騒動になっていますね。

そんなに怖がることはない

というコメントがあるなか、
それでも感染したら怖い!という気持ちも拭えないですよね。

特に、今回特徴的なのが
クルーズ船での感染ということでした。

飛行機や電車などの密室空間とは異なり、
感染が広まってしまった要因に、クルーズ船ならではの特徴ががあったようです。

今回は、新型コロナウイルスがクルーズ船で感染していますが、
過去にも集団感染が起こった事例があります。

それは、

ノロウイルスの集団感染です。

クルーズ船は、空気の入れ替えが難しく換気がなかなかできない環境です。

さらに個室で過ごすよりも、共有スペースで過ごす時間が長いことから、
特に濃厚接触が起きやすい環境であることがいえます。

ノロウイルスが広がる大きな原因が二次汚染です。

二次汚染が集団感染の原因となる場合、
濃厚接触が増えるとどんどん広がってしまいますよね。。

そしてクルーズ船の場合、1つの船の中で大量の食事をつくり
いくつものレストランで提供され、食べるお客様の人数も多いです。

よって過去の事例では、
患者数が300人、600人と多くの人に感染してしまうのです。

街のお店ではこのような人数に感染することはないと思いますが、
二次汚染によって患者数が増加してしまいます。

二次汚染が起きないように、
ノロウイルス対策を徹底していきましょう!

ノロウイルス

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせはこちらからお願いします!
必ずお返事いたします。