お店にこっそり侵入者・・・

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを無料で学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!
こちらから登録できます。導入前に一度受講してみてください!

暑い毎日、すっかり季節は夏モードですね。
気温が上がってくる春から夏にかけて増えてくる小さな侵入者・・・
そんな侵入者たちを防ぐために、

本日は

防虫防鼠管理

についてお話ししたいと思います。


みなさんはお店でどのような防虫防鼠管理を行なっていますか??

みなさんにも経験があると思いますが、

虫は、
窓の隙間からの侵入や
排水溝から発生することでお店に入ってきます。

小さな隙間からの侵入、
掃除不足による発生でお店に侵入してきてしまいますね。

では、ねずみはどうでしょうか??

ねずみを直接目にする機会はあまりないですが、
500円玉程度の穴からでも侵入してきてしまいます。
なんと、顔が入れば侵入できちゃうんです。

虫より厄介なのがねずみ。

一度住み着いてしまうと、
駆除するためにかなりの苦労が伴います。

そんな虫とねずみの侵入を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

防虫防鼠対策の基本

🔶穴を埋めよう!

虫もねずみも小さい穴から侵入してきます。
穴を見つけたら埋める!という気持ちでお店や厨房の中を確認してみてください。
意外なところに虫や鼠の出入り口があるかもしれません。
その際に役立つのが、シリコーンシーラントです。
小さい穴でも簡単に防ぐことができるのでおすすめです!

セメダイン JIS シリコーンシーラント 8060 330ml クリア(半透明) 1本

また、少し大きい穴や隙間には
セメント粘土がおすすめです。

水と一緒に練るだけで簡単に穴埋めができます。

サンホーム工業 セメント粘土 1.3kg

🔶頻度を決めて掃除しよう!

虫の発生が多いのは水回りです。
生ゴミの管理をし、排水溝は掃除の頻度を決めて清潔な状態を保ちましょう。

ねずみはお米や粉類の袋をかじったり、食材を餌にして生活します。
床面の掃除を頻度を決めて行い、
食材は番重や容器に入れて保管してください。


防虫防鼠管理は、
HACCP導入の際も必要となってきます。

HACCPで必要な管理は、
1年に1回専門業者に行ってもらう対策・モニタリング、
または、各お店で行う対策(頻度も含む)・モニタリングについての実施記録と保管です。

虫やねずみがお店や工場で増えないよう、
しっかりとした管理を行なった上でその実施記録を作成し、保管する必要があります。

Saniccpでは、防虫防鼠管理に関する対策と記録書の作成をお手伝いいたします。
夏本番を迎える前に、できることから対策を行なっていきたいですね!

お店にあったHACCP導入をサポート致します。
オンラインでできる、
HACCP導入プログラムこちらから!
(一般飲食店、パン製造業での導入サポート受付中です)
HACCP導入義務化をきっかけに、お店とお客様を守る仕組みづくりを一緒に行いましょう!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。