急にクレームや商品事故が増えてしまった

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

◆無料メールマガジンのご案内◆
専門的な知識が必要な食品の衛生管理。
調べてもよくわからない!というお悩みを解決します!
わかりにくい衛生管理の方法やHACCPについて、わかりやすくシンプルお伝えします。
→ご登録はこちらから!

突然ですが、
急にお客様からのお申し出や商品に関する事故が増えてしまった・・・
という経験ありませんか??

例えば、
・商品に異物が混入してしまった
・商品に貼る表示シールやポップを間違えてしまった
・キッチンが汚い状態になってしまいお客様からご指摘をいただいた
・接客が疎かになりお客様に不快な思いをさせてしまった

などなど・・・

このようなトラブル、
実はあることがきっかけで起きてしまうんです!

急に忙しくなるとお客様からのお申し出や商品に関する事故が増えてしまいます!

実はある工場で実際にあったお話です。

この4月・5月、新型コロナウイルスの影響で1日あたりの製造数が減少してしまいました。
製造数が減少したため、製造スタッフは手が空く時間が増えました。

そこで加工場内の掃除をしたり、いつもよりもゆっくりのスピードで商品を作っていました。
○この時はクレームや商品事故などが全く無い状態になり、従業員も安心してお仕事をしていました。

そして緊急事態宣言が開けた6月、
製造数は以前の量まで戻り一安心したのもつかの間・・・
今度はクレームや商品事故が増えてしまったのです。

なぜでしょうか??

この原因は、
数量が少ない時にできていた衛生管理ができなくなってしまったこと、
急に忙しくなったので確認作業が疎かになってしまったことが原因でした。

日頃から必ずやることを決めておき、
ルールをつくる(仕組みをつくる)必要があった
のです。

その仕組みの1つがHACCPです。

現在新型コロナウイルスの影響で多くのお店が営業時間の短縮などを余儀無くされています。
営業時間が短くするという決断はとても辛いですよね。

大変な時期ですが、忙しい日常に戻る前にお店の仕組みを考えてみてはいかがでしょうか。

早く日常が戻ってくれることを祈りつつ、
今できることとしてお客様とお店を守る仕組みづくりを行い、
忙しくなっても対応できる体制づくりをしていきましょう!

クレーム

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。