HACCPには相棒が必要

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます。

食品を扱う街の個人店、中小規模の工場へHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
三村はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

◆無料メールマガジンのご案内◆
専門的な知識が必要な食品の衛生管理。
調べてもよくわからない!というお悩みを解決します!
わかりにくい衛生管理の方法やHACCPについて、わかりやすくシンプルお伝えします。
→ご登録はこちらから!

HACCP導入を進めるにあたり、
HACCPだけ行えば良いや!と感じていませんか??

実際にHACCPの義務化が決まったことで
HACCP導入を進めるお店が増えてとても嬉しいのですが、
HACCPだけにとらわれてしまう・・・なんてことも。

HACCPは単独では機能することができないのです!

HACCPには同時に取り組むべき相棒が必要!

HACCPの相棒となる衛生管理はなんでしょう!?

それは、一般衛生管理です!

一般衛生管理とは、
主にお店や工場で普段行なっている衛生管理を指します。

HACCP導入の際は、
日々行なっている衛生管理も必要に応じで記録を取りながら管理していきます。

HACCPの考え方で行う衛生管理(重要管理点の管理)と
日々行なっている衛生管理(一般衛生管理)

この2つを行うことでHACCPの運用を行うことができます!


HACCPの導入を行うときは相棒である一般衛生管理の見直しも行い、
不要な管理はやめて必要な管理をきちんと行う仕組みづくりをしていきましょう!

受付中のプログラム、セッションのご案内

【飲食店対応!サクッと導入!10分でできる!HACCP書類作成プラン】
10分程度のアンケートにお答えいただき、弊社でHACCP書類を代行するサービスです。
詳しくはこちら

【全部丸投げ!HACCP書類作成代行プラン】
対応業種:食品を扱う個人店・中小規模工場
お店で提供しているメニュー、工場・お店で製造している商品を教えていただき、
弊社でHACCP書類の作成を代行いたします。
詳しくはこちら

【個人セッション】
・日々の衛生管理やHACCPについてのお悩み相談はこちら
・どのプランにしよう・・・そんなお悩み解決!HACCP導入プログラムに関する無料相談はこちら

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。
お問い合わせはこちらからお願いします。
必ずお返事いたします。