驚くべき食中毒の真実

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

◆お知らせ◆
Saniccpでは、
HACCP導入サポートプログラムの無料モニターを募集しています!
一緒にお店にあったHACCP導入をしていきませんか?
詳しくはこちら★からご覧ください!

前回に引き続き、
今回も食中毒のお話です。

食品を扱うお店や工場で最も大切なのが食中毒の予防。

食中毒を発生させてしまうと、お店の存続に関わる重大な危機となってしまうことも・・・

特に冬場に多いのがノロウイルスの発生です。
このブログでもノロウイルスに関連する情報を発信してきました。

しかし、
食中毒の発生が一番多いのはノロウイルス!というわけではないのです。

食中毒発生件数と患者数を見てみると、

食中毒発生件数1位は、アニサキス(寄生虫)

食中毒患者数1位はノロウイルス

このような結果となっています。

※アニサキス食中毒については、こちらの記事
 ノロウイルスについてはこちらの記事も参考にご覧ください!

では、なぜ1位の食中毒原因要因が違うのでしょうか・・・

発生件数1位のアニサキスは、1件のアニサキス食中毒に対して患者数が1人となります。
が、患者数1位のノロウイルスは、
1件のノロウイルス食中毒に対して患者数が平均50人とかなりの大人数になっています。
(参照:埼玉県食品衛生責任者資格者養成講習会テキストより)

余談ですが、発生件数だけみると、
1位アニサキス
2位カンピロバクター
3位ノロウイルス

なんと患者数1位のノロウイルスの発生件数は3位なのです。

2位のカンピロバクターについては、
焼き鳥屋さんで中心まで火が通ってないものを提供している場合
生の鶏肉を提供しているお店があることから
発生件数が高い傾向にあります。
(カンピロバクター食中毒についてはこちらの記事も参考にしてみてください!)

ノロウイルスは喫食での発生よりも、
二次汚染でどんどん広まってしまうとても怖い食中毒です。
1件発生すると50人もの患者さんを出してしまい、営業停止にもなりかねません。

また、食中毒の発生件数を施設別でみてみると、
約6割が飲食店での発生となっています。

日々の業務から二次汚染の予防を徹底し、
食中毒を出さないお店作りをしていきましょう!

HACCPでは、食中毒の発生を防ぐための仕組みづくりを行なっていきます。
テキストに沿った内容にお店が合わせるのではなく、
お店にあった内容で導入することがとても重要です!

早めに取り組みを行い、安全なお店づくりを行ないましょう!
Saniccpではそんなお店を全力でサポートします!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。