ゴム手袋が品薄!?使ってはいけないものに注意!

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

受付中のプログラム、セッションのご案内
【オンラインでできる!HACCP導入プログラム】
・飲食店経営の方はこちら
・パン製造業の方はこちら

【代行:HACCP書類作成代行プラン】
HACCP導入時に必要な書類を代行作成致します!
※こちらのプランはお店の現状に合わせた内容で作成致します。詳細はこちら

【個人セッション】
・日々の衛生管理やHACCPについてのお悩み相談はこちら
・「オンラインでできる!HACCP導入プログラム」受講に関する無料オリエンテーションはこちら

これまで新型コロナウイルスの影響でマスクや消毒液、ハンドソープが品薄になりました。

現在はある程度手に入るようになりましたが、
日々の衛生管理で使用するためとても困りましたよね。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、
今度はゴム手袋が品薄になってきております。

多くのお店や工場では、
ニトリル手袋とエンボス手袋を使用している所が多いのではないでしょうか?

ゴム手袋が品薄となると、これらの手袋も品薄になる恐れがあります。

手袋の成分に注意してください!

ニトリル手袋とエンボス手袋が品薄になった時に他のゴム手袋で代用しよう!と思いますよね。

ニトリル手袋とエンボス手袋、
この手袋は食品を扱う時に使用して良い素材として許可を得ている素材となります。

ニトリルとエンボス以外のゴム手袋の素材として多いのが塩化ビニール製の手袋です。

塩化ビニール製の手袋は食品に触れる恐れがある作業に使用できないため注意してください!

なぜ塩化ビニール製の手袋は使用できないの?

塩化ビニール製の手袋の使用は、食品衛生法により禁止されています。

理由は、食品に塩化ビニールの成分が溶け出てしまう可能性があるからです。

よって、食品で使用する手袋は、
食品での使用が許可されているもののみ使用することができます。
食品衛生法適合の表記があるものを使用すると安心ですね(^○^)

お店の掃除で使用する分には
塩化ビニール製のもを使用しても大丈夫です。

用途別に使い分けるといいですね!

お店で使用している手袋のは問題ないか、
一度確認してみてください(^^)

◆無料メールマガジンのご案内◆
専門的な知識が必要な食品の衛生管理。
調べてもよくわからない!というお悩みを解決します!
わかりにくい衛生管理の方法やHACCPについて、わかりやすくシンプルお伝えします。
→ご登録はこちらから!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせはこちらからお願いします!
必ずお返事いたします。