記録を作る上で大切なこと

おはようございます!

ご覧いただきありがとうございます。

街のお店のHACCP導入をゼロからサポートする専門家、
樋山はるかです。 

HACCPの導入・継続、日々の一般衛生管理の見直し・運用をサポートしています。

★☆★

★お知らせ★
Saniccpでは、HACCPについて
食品を扱う街のお店を経営している皆様が本当に必要なことだけを無料で学べる、
「街のお店でHACCP導入する際に必要なことだけを学べる講座」
をご用意しています!
こちらから登録できます。導入前に一度受講してみてください!

HACCPを導入すると必ず必要になってくるのが記録です。
記録作成は枠組みだけ作っても運用することが難しいです。

決めた内容から外れた場合どうすればいいか

しっかりと考えてから運用する必要があります。

記録をする時の基準を明確にして、
記録をつけたらつけっぱなしにしないことがとても大切です!

例えば、
○の時はこうする
△の時はこうする
×のときはこうする

といったように、
実際に付けた記録からどういう行動をとればいいか明確化します。
(誰が見てもわかるようにすることがポイントです)

なぜこのような明確化が必要なのか・・・

HACCP導入をする際のメリットとして、
お店の環境を改善できるという点があげられます。

記録を付けて逸脱した場合、なぜ逸脱したのか、
逸脱しないためにはどうすればいいかを考えて改善していきます。

改善後も逸脱した場合は、再度不備を見直して改善する。

記録は、改善をするポイントを見極めるための一つでもあるのです。

「ここを改善してね!」と教えてくれているにもかかわらず、
そのまま放置していたらもったいない!

記録書の役割は、正しく製造していることの証明としてだけではなく、
日々の業務や環境改善にも繋げることも大きな目的の一つです。

あらかじめ対応策を明確にして
「記録をつけたら付けっぱなしになる」ということを防いでいきましょう!

HACCP記録

お店にあったHACCP導入をサポート致します。
オンラインでできる、
HACCP導入プログラムこちらから!
(一般飲食店、パン製造業での導入サポート受付中です)
HACCP導入義務化をきっかけに、お店とお客様を守る仕組みづくりを一緒に行いましょう!

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!
お問い合わせからお願いします!
必ずお返事いたします。